第5回輸入博の募集が開始 農作物種苗業エリアを新設

リリース日:2021-12-12

2022年開催予定の第5回中国国際輸入博覧会(輸入博)の1回目の出展募集プロモーションである農作物種苗業エリアのプロモーションが9日午後に行われました。同プロモーションには内外の業界団体や種苗業、食品企業などの代表約100人がオンラインまたはオフラインの方式で参加しました。

 中国国際輸入博覧局の劉福学副局長は、「国は種苗業の振興を全面的に推進している。第5回輸入博が農作物種苗業エリアを設置するのは、海外の種苗業企業が輸入博という国際貿易のプラットフォームを通じて最新の技術や特色ある成果を展示し、市場の活力をさらに呼び起こし、種苗業企業の国際交流を促進すると同時に、全世界の種苗業の先進技術の進展と産業の情勢を分かち合い、この分野の実務協力を推進することを期待しているからだ」と述べました。

 中国種子協会は第5回輸入博期間中に開催する種苗業発展協力フォーラムに国内外の種苗業界の代表を招いて、種苗業分野の新情勢や新技術、新成果、新設備をめぐり交流と研究討論をする計画です。

 「中国国際放送局日本語版」20211211